Largo Music    音楽を真に必要としている方々に
      

             ラルゴ・ミュージックオフィス      ・・・ 音楽療法 ・・・

                 Office  

本文へジャンプ
音楽療法とは

音楽療法とは、「音楽の持つ生理的、
心理的、社会的働きを用いて、心身
の障害の回復、機能の維持改善、
生活の質の向上、行動の変容などに
向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること」をさすものとする。

       日本音楽療法学会公式定義より


                             



【音楽療法の目的】 
                          
  
 音楽の力を生かして対象者の心身に働きかけ、情緒の回復や安定、対人的な関係の質の向上、
  心身能力・創造性の維持・増進などを促し、対象者・及びその家族の生活にヒューマニスティック
  な見地で、より好ましい変化をもたらす事を目的としています



【音楽療法の手法】 

  @ 歌唱
      (個々のニーズに合った曲を取り入れ、言語の誘発・回想を促します)
  A 楽器演奏
      (音楽を楽しむ事を目的として、質感の上質な打楽器類を多く用います
       音楽技術向上の為の、訓練的なアプローチは必ずしも用いません)
  B 音楽の合間の会話
      (音楽をきっかけとして関係性を深め、”語り”を促していきます)
  C ムーブメント(季節にちなんだ催事、ダンス等)
      (様々なマテリアルを用いて、五感刺激で情動を促します)


【音楽療法の効果】

  
@ コミュニケーションの促進 (関係性の発見と改善)
   A 情緒の安定 (不安行動の軽減)
   B 身体機能の促進 (歌唱による心肺機能の向上)
   C リラクゼーション、生きがいの発見
       (楽しみを得る事で、精神的なモチベーションの向上を)
   D 集団参加の促進 (仲間作り) 
                     
                                       

                                   back   next